意外と重要なフロアコーティング

住宅は私たちの生活に欠かせないもの。


ですが、しっかりとメンテナンスをしておかないと住宅事態の痛みや劣化の進行が早くなるばかりか建物としての価値も下落してしまいます。外壁など直射日光や風雨など苛酷な環境のされされている場所はもちろんのこと、私たちの居住スペースとして重要な屋内もしっかりとメンテナンスをしておかなければなりません。

特にフローリングは要注意。


長年住んできたフローリングはとても痛みやすくなっています。

フロアコーティングはフローリングをきれいに見せるだけでなく、保護膜としても重要な役割を果たしています。

水分など余分な湿気を弾くことで素材の痛みや劣化を防ぐことができます。
生活するに当たり、人間の導線にはよく通る場所となかなか通らない場所があります。よく通る場所の場合はそれだけ劣化も早く、気づくとフローリングのワックスが剥げてしまっていた、というケースもよくあります。



こうなってしまうと、そこから腐食や劣化が始まります。



吸湿した素材は腐食が始まり、最悪の場合床が抜けてしまう、といったことも考えられます。

しっかりとフロアコーティングをしていればよかったものの、リフォームしなければならなくなると、費用はもちろん、施工に必要な時間も用意しなければならなくなるなど、様々な不具合が生じてしまいます。



そうなってしまう前にしっかりとフロアコーティングをして大切な住宅のフローリングをメンテナンスしてあげましょう。